« この二頭の馬は石の彫刻、だがある時、今まさに天に向かって飛び立った、ある春の嵐の日であった | トップページ | 桜が満開のようだ、いつの間にか寝てしまった、ふと目が覚めて外を見るとしきりに桜の花が散っている、いつの間にか夜は明けて白み始め桜の花が一層白く散っている »

2017年5月 1日 (月)

白い全身像の中華人形は憂いを秘めて春の宵が更け行くのをじっと耐えているかのようだ

Img285

« この二頭の馬は石の彫刻、だがある時、今まさに天に向かって飛び立った、ある春の嵐の日であった | トップページ | 桜が満開のようだ、いつの間にか寝てしまった、ふと目が覚めて外を見るとしきりに桜の花が散っている、いつの間にか夜は明けて白み始め桜の花が一層白く散っている »

思い出」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お久しぶりです。
お元気ですか。
不調だったブログを新しくしました。

いつも見てました。美人ですね。

創作さん
毎度見ていただきありがとうございます
人の表情は難しいです
上野の美術館へ行った来ました、良かったです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2008464/70435154

この記事へのトラックバック一覧です: 白い全身像の中華人形は憂いを秘めて春の宵が更け行くのをじっと耐えているかのようだ:

« この二頭の馬は石の彫刻、だがある時、今まさに天に向かって飛び立った、ある春の嵐の日であった | トップページ | 桜が満開のようだ、いつの間にか寝てしまった、ふと目が覚めて外を見るとしきりに桜の花が散っている、いつの間にか夜は明けて白み始め桜の花が一層白く散っている »

ポッチと応援うれしいです

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ